アミノ酸サプリの中のパントテン酸の成分

パントテン酸の効果とは!?|アミノ酸サプリ

パントテン酸は糖代謝や脂肪酸代謝に大きく関係する酵素系の物質で、ビタミンB群に含まれています。また水溶性のビタミンで食品の中に多く含まれているため、不足するということはありません。

このように簡単に摂取できるパントテン酸ですが過剰に摂取したとしてもすぐに尿として排泄されてしまうので、特に心配はいりません。パントテン酸はアミノ酸代謝に欠かせないものの1つであり、アミノ酸サプリに多く含まれています。鶏や牛などの肝に多く含まれているほか、納豆や牛乳といった食品にも含まれています。

サプリメントが苦手な方のためにアミノ酸が多く含まれる食品をご紹介します。詳細は『アミノ酸が含まれる食品は』をご覧ください。

アミノ酸サプリにはパントテン酸以外の成分も含まれているため、バランス良く摂取できます。パントテン酸にはエネルギー代謝を助けたりストレスを和らげたり、善玉コレステロールを増やしたりするなどの効能があります。
またアミノ酸には免疫力を高めたり身体の機能を正常に保つなどの効能があるため、パントテン酸を含むアミノ酸サプリを摂取することで効果が期待できます。

牛はつの生姜炒め|パントテン酸が摂取できる食べ物のレシピ

パントテン酸は食品のなかでも牛はつなどの肝に多く含まれているため、料理に上手く取り入れるとパントテン酸が簡単に摂取できます。簡単に調理できる例としては、牛はつの生姜炒めなどがあります。

牛はつは生臭みを取るために、すりおろした生姜と醤油、酒を合わせたものに30分ほど漬け込みます。
その後、熱したフライパンに並べ蓋をして片面を弱火で3~4分蒸し焼きにします。
裏返してさらに2~3分蒸し焼きにします。
蓋をあけて水分を飛ばしながら焼きます。
水菜や小松菜、ほうれん草などの青菜と一緒に盛り付けると色取りが良くなります。

生姜が好きな方は、すりおろした生姜を下味で付けた後、針生姜などを一緒に炒めても良いでしょう。生姜炒め以外でも、中華炒めにしたりチャーハンにしたり、煮込み料理にしたりと幅広く使えます。