アミノ酸サプリでのクレアチン摂取

クレアチンの効果とは!?|アミノ酸サプリ

クレアチンの効果として筋力アップや筋量増加、瞬発力・持久力アップなど運動や筋力にに対しての効果が期待されます。アミノ酸サプリでのクレアチンの摂取ですが、1度に大量摂取すると尿などで排出してしますので、決められた一定量をこまめに摂取することが大切です。

クレアチンはクレアチン酸として、体内の筋肉中に蓄えられ瞬発力(一瞬の激しい動き)をすぐにエネルギーに変えることができます。食品で補うことができない分のクレアチンはアミノ酸サプリで摂取し、スポーツなどでの激しい動きに良いパフォーマンスができるようにしたいですね。

また健康を維持することが目的のクレアチン摂取は、日々の食事で補うことができます。食品の食べ合わせではカフェインと相性が悪いようなので、気をつけましょう。アミノ酸サプリでの効率的な摂取で健康を維持していきたいですね。

鮭の甘酢がけ|クレアチンが摂取できる食べ物のレシピ

食事でのクレアチン摂取は魚や肉に含まれます。食品としてのクレアチン摂取量は少ないですが、スポーツなどパフォーマンスを考える方以外の方は、食品の摂取と少しのアミノ酸サプリで補うことで十分だと考えます。魚は生で食すとクレアチンが多く含まれていますが、生魚をたくさん食べることは難しいですね。火を通して美味しく魚を食べることができるレシピを紹介します。

鮭には抗酸化の力で細胞を守るビタミンEが多いのが特徴で、消化・吸収の良い良質なタンパク質を含んでいます。その鮭を使用した鮭の甘酢がけは、お酢を使用したメニューで健康維持に最適です。

鮭は片栗粉をまぶし、フライパンでソテーします。甘酢ですが、マリネの要領でアミノ酸を多く含むネギ類やパプリカを酢、みりん、砂糖、醤油などで和えたものをソテーした鮭の上にかければ完成です。

お酢を黒酢に変えるとさらに良いですね。黒酢は人間の身体では生成することができない必須アミノ酸を含み、加熱しても必須アミノ酸はなくなりません。