子供も大人も積極的に摂取したいアミノ酸「ヒスチジン」|成長促進や美肌効果、ダイエット効果に期待│アミノ酸サプリメント比較ランキング│現役アスリートから一般の方にまでおすすめするアミノ酸サプリをご紹介

アミノ酸サプリメント比較ランキング

子供も大人も積極的に摂取したいアミノ酸「ヒスチジン」|成長促進や美肌効果、ダイエット効果に期待

ヒスチジンとは

ヒスチジンは、子供の成長と深い関わりのあるアミノ酸です。人間の体内でも合成することは可能ですが、子供のうちは充分な量を作ることができません。また、大人の場合も欠乏すると皮膚や神経系のトラブルを引き起こすことがわかっています。

そのため、ヒスチジンは体内で合成可能なアミノ酸のなかで唯一、必須アミノ酸に指定されています。子供も大人も積極的に取り入れたい成分です。

※ヒスチジンの特徴などについては、Wikipediaのサイトを参考にしています。

  • アミノ酸の一種で2-アミノ-3-(1H-イミダゾ-4-イル)プロピオン酸のこと。名前はギリシャ語で「組織」という意味。
  • 塩基性アミノ酸の一種で、必須アミノ酸。糖原性を持つ。側鎖にイミダゾイル基という複素芳香環を持ち、この部分の特殊な性質により酵素の活性中心や、蛋白質分子内でのプロトン移動に関与している。蛋白質中では金属との結合部位となり、あるいは水素結合やイオン結合を介してとしてその高次構造の維持に重要な役割を果たしている。 ヒスタミンおよびカルノシン生合成の前駆体でもある。

引用元:ヒスチジン|Wikipedia

ヒスチジンの成分と効能

○成長促進効果
ヒスチジンは子供の成長に欠かせない成分です。特に乳幼児期に不足すると、健全な発育に甚大な影響を及ぼしかねません。成長期の子供がいる家庭では、意識的にヒスチジンを摂らせる必要があります。
○美肌効果
ヒスチジンには、神経のはたらきをサポートする役割もあります。シミや肌荒れといった肌トラブルの多くは自律神経の乱れによって引き起こされますので、ヒスチジンを摂ることで肌トラブルの予防・改善に繋がります。
○ダイエット効果
ヒスチジンが分解されると、体内ではヒスタミンという物質が生成されます。このヒスタミンには、食欲を抑制したり脂肪の燃焼を促進する作用があることがわかっています。ヒスタミンを効果的に摂取することで、ダイエット効果にも期待がもてるでしょう。

上記3点の効能に関連して、ヒスチジンの他に成長促進効果にはアルギニン(成長ホルモンの分泌を促進させる働き)を、美肌効果やダイエット効果にはプロリン(コラーゲンの主要構成、肌の再生を促進するという点で美容に欠かせません)もおすすめしたいですね。
アルギニンについては『アルギニン成分の特徴と効能』を、プロリンについては『アミノ酸プロリンの期待される効能と効果』をご覧ください。

ヒスチジンを摂取できる食品

ヒスチジンは、動物性タンパク質に多く含まれます。代表格は赤身魚で、カツオやサバ、イワシなどは1人前の刺身を食べるだけで充分な量のヒスチジンを得ることが可能です。これは、赤身魚の色素成分であるヘモグロビンに、特に多量のヒスチジンが含まれているためです。

赤身魚以外では、鶏の胸肉や豚の赤身、乳製品、大豆製品などもヒスチジンを多く含む食品として知られています。ただし、現実的な食事での含有量を考えると、赤身魚以上に効率的にヒスチジンを摂取できる食品はほかにありません。

アスリートにとっても、赤身魚は良質なタンパク質を摂取できる優秀な食品ですから、積極的に摂取していきたいところです。

ただし、ヒスチジンから生まれるヒスタミンは、アレルギーを引き起こす原因物質としても知られています。サバを食べてじんましんが出るケースはよくありますが、あれがまさにヒスタミンのアレルギー症状です。ヒスタミンの増加を抑えるためには、できるだけ新鮮なうちに調理するよう心がけましょう。

ヒスチジンの効果的な摂取方法

ヒスチジンの1日の必要摂取量は、体重1kgにつき10mg(50kgで500mg)です。それに対し、先ほど紹介したカツオやサバなどは100gあたり1,000~2,000mg以上ものヒスチジンを含んでいます。日頃から赤身魚を好んで食べている人であれば、特に意識しなくてもヒスチジンが欠乏することはありません。

問題は、魚が苦手だったり、体質的に魚を食べられないという人です。乳製品や大豆製品だけから充分な量のヒスチジンを摂るのは、よほど大食いの人でないかぎり困難です。その場合は、サプリメントからヒスチジンを摂ることもおすすめです。

また、赤身魚は旬の時期になるとたっぷりと脂がのります。良質な魚の脂は健康な肉体には欠かせませんが、体を絞っているアスリートにとってはわずかな脂肪分が邪魔になる時期もあるでしょう。やはりこの場合も、サプリメントとしてヒスチジンを補ってあげましょう。

 
アミノ酸サプリメントの比較サイトの先頭へ
アミノ酸サプリに含まれる成分について詳しく調べる
現役アスリートから一般の方にまでおすすめするアミノ酸サプリをご紹介