シトルリンの効果 筋トレには欠かせない成分│アミノ酸サプリメント比較ランキング│現役アスリートから一般の方にまでおすすめするアミノ酸サプリをご紹介

アミノ酸サプリメント比較ランキング

シトルリンの効果 筋トレには欠かせない成分

シトルリンとは

シトルリンは日本では1930年にスイカから発見されたアミノ酸で、名前はスイカの学名「シトルラス・ブルガリス」から名づけられました。カラハリ砂漠に自生する野生のスイカに豊富に含まれていますので、暑くて乾燥した厳しい環境を生き抜くために重要な栄養分であることが分かります。

シトルリンは、ヨーロッパでは疲労回復に効果が絶大であるとして、1930年代から積極的に利用されおり、アメリカでも健康食品として利用されています。日本では2007年から食品素材として使用が認められるようになりました。

また、最近では疲労回復だけでなく、血管の弾力性を強める(血流をよくする)という効能でも注目を浴びています。その他、運動能力の向上や冷え、むくみの解消、肌の潤いを保つなど、女性にとっても嬉しい効果も期待されています。

シトルリンの効果・効能

遊離アミノ酸の代表格であるシトルリンのシトルリンの効能は、血管拡張・改善、疲労回復など。
また精力の増強にも効果があるとされています。

シトルリンにはオルニチンサイクルと呼ばれる解毒作用があるため、健康に良いとして最近特に注目を浴びています。オルニチンも遊離アミノ酸の一種で、実はシトルリンとは兄弟のような物質です。オルニチンもシトルリンも、同じアルギニンが体内変化してできたものです。

オルニチンサイクルとは、有害なアンモニアを尿などとして代謝させる働きのことです。
これだけでも充分健康に良いアミノ酸なのですが、特筆すべきはアルギニンと共に一酸化窒素(NO)の生成を高めるという効果でしょう。

シトルリンは体内でアルギニンに変換され、一酸化窒素(NO)を作りだします。一酸化窒素(NO)は動脈を拡張させる働きがあります。
つまりシトルリンが一酸化窒素量を増やすことにより、血流を良くし、循環器系の機能を向上させることができるので、筋トレ中に欠かせないものなのです。

では、アルギニンを摂取すれのが直接的で早いのでは?と思うかもしれませんが、アルギニンを直接摂取するより、シトルリンをサプリメントとして摂取するほうが効果的にアルギニンを体内に増幅させることができます。

これは、アルギニンを摂取した場合とシトルリンを摂取した場合でどちらが体内のアルギニン濃度が高くなったかの実験(協和発酵ヘルスケア商品開発センター)において、シトルリンを摂取したときのほうが体内のアルギニン濃度が高かったという結果により明らかになっています。

シトルリンとアルギニンの同時摂取による相乗効果

シトルリンとアルギニンは深い関わりがあることがお分かりいただけたかと思いますが、シトルリンとアルギニンを同時に摂取することで相乗効果が生まれ、血中アルギニン濃度を高めることができます。

そのメカニズムは、アルギニンが一酸化窒素(NO)を作るプロセスでシトルリンも体内で生成されます。生成されたシトルリンはアルギニンに変換されるというサイクル何度も繰り返されることで、血中のアルギニン濃度が高まり、一酸化窒素(NO)の生成を効率的に増やすことができるというわけです。

シトルリンを含む食物や食品

スイカ・ゴーヤ・メロン・冬瓜・きゅうり・ヘチマ・にんにくなど。特にスイカにはシトルリンが豊富に含まれていて、スイカ100グラムにつき、180ミリグラムのシトルリンを摂取できます。

しかし、スイカをたくさん食べるとお腹がいっぱいになってしまいます。それはスイカの水分のせいですが、充分量、しかも毎日食べるのは大変ですし、真夏以外の時期はスイカはそうそう売っていません。

メロンやヘチマにも多く含まれてはいますが、それでもスイカの1/3以下。100グラムにつき50ミリグラム程度です。ヘチマも夏以外には手に入りづらいものですし、メロンは高価ですね。

夏以外に、シトルリンを摂取するには、サプリメントに頼るのが効率良いようです。そこでおすすめしたいのが、アミノ酸サプリメント「アミノフライト4000mg」です。1本にシトルリンとアルギニンが各800mgも含有されていますので、ぜひ試してみてください。詳細は『アミノフライトの評判は本当か?アミノフライトの効果』をご覧ください。

 
アミノ酸サプリメントの比較サイトの先頭へ
アミノ酸サプリに含まれる成分について詳しく調べる
現役アスリートから一般の方にまでおすすめするアミノ酸サプリをご紹介