パントテン酸を効率よくアミノ酸サプリで摂取

パントテン酸の効果とは!?|アミノ酸サプリ

パントテン酸は糖代謝や脂肪酸代謝に大きく関係する酵素系の物質で、ビタミンB群に含まれています。また水溶性のビタミンで食品の中に多く含まれているため、不足するということはありません。

このように簡単に摂取できるパントテン酸ですが過剰に摂取したとしてもすぐに尿として排泄されてしまうので、特に心配はいりません。パントテン酸はアミノ酸代謝に欠かせないものの1つであり、アミノ酸サプリに多く含まれています。鶏や牛などの肝に多く含まれているほか、納豆や牛乳といった食品にも含まれています。

サプリメントが苦手な方のためにアミノ酸が多く含まれる食品をご紹介します。詳細は『アミノ酸が含まれる食品は』をご覧ください。

アミノ酸サプリにはパントテン酸以外の成分も含まれているため、バランス良く摂取できます。パントテン酸にはエネルギー代謝を助けたりストレスを和らげたり、善玉コレステロールを増やしたりするなどの効能があります。
またアミノ酸には免疫力を高めたり身体の機能を正常に保つなどの効能があるため、パントテン酸を含むアミノ酸サプリを摂取することで効果が期待できます。

牛はつの生姜炒め|パントテン酸が摂取できる食べ物のレシピ

パントテン酸は食品のなかでも牛はつなどの肝に多く含まれているため、料理に上手く取り入れるとパントテン酸が簡単に摂取できます。簡単に調理できる例としては、牛はつの生姜炒めなどがあります。

牛はつは生臭みを取るために、すりおろした生姜と醤油、酒を合わせたものに30分ほど漬け込みます。
その後、熱したフライパンに並べ蓋をして片面を弱火で3~4分蒸し焼きにします。
裏返してさらに2~3分蒸し焼きにします。
蓋をあけて水分を飛ばしながら焼きます。
水菜や小松菜、ほうれん草などの青菜と一緒に盛り付けると色取りが良くなります。

生姜が好きな方は、すりおろした生姜を下味で付けた後、針生姜などを一緒に炒めても良いでしょう。生姜炒め以外でも、中華炒めにしたりチャーハンにしたり、煮込み料理にしたりと幅広く使えます。

効果が期待できるアミノ酸サプリでのビタミンAの摂取

ビタミンAの効果とは!?|アミノ酸サプリ

健康維持のためにアミノ酸サプリなどのサプリメントで栄養を補っている方は多いですが、ビタミンAも昔から注目されている成分です。ビタミンAは皮膚や目の粘膜を健康に保つのにとても大事な役割を果たしており、アミノ酸サプリにも配合されていることが多い成分です。

目や皮膚を健康に保つのはもちろん、胃腸や肺など全身の粘膜を健康に保つのにも役立つ大事な成分です。アミノ酸サプリなどで摂るのも良いですが、ビタミンAは摂取しすぎると過剰症になってしまうこともありますので、食品から取り入れていくことも考えていきたいものです。

食品ではほうれん草やかぼちゃ、ニンジンなどの緑黄色野菜、レバー、卵、チーズ、そしてホタルイカのわたにも多く含まれているとされています。手軽に手に入る食材ばかりですので、積極的に食事に取り入れていきたいものです。

他にも、アミノ酸が多く含まれる食品をご紹介します。詳細は『アミノ酸が含まれる食品は』をご覧ください。

ホタルイカの唐辛子炒め|ビタミンAが摂取できる食べ物のレシピ

ホタルイカはわたごと食べますので、わたの部分に多く含まれているビタミンAを効果的に取り入られれる食材です。さらにビタミンB12や銅も多く含まれており、アミノ酸の一種であるタウリンも豊富で身体に良い食品です。ボイルして酢味噌で食べるのも良いですし、煮たり炒めたりしても美味しくいただけます。

ホタルイカの唐辛子炒めも手軽に作れるメニューの1つです。
作り方はいたって簡単。まずはフライパンにサラダ油やオリーブオイルなど好みの油を熱し、そこに鷹の爪を入れ軽く水洗いしたホタルイカをさっと炒めていきます。にんにくのみじん切りなども香り付けに良いので一緒に炒めてみるのも良いですし、野菜と一緒に炒めても美味しくいただけます。

食事としてはもちろん、お酒のおつまみとしても美味しくいただけます。火を入れすぎると固くなってしまう場合もありますので、加熱時間は気をつけたいものです。

健康にもいいアミノ酸サプリと葉酸で得られる効果とは

葉酸の効果とは!?|アミノ酸サプリ

ダイエットをしている人や身体の疲労回復を図りたい人などに人気があるアミノ酸サプリですが、ただアミノ酸サプリを単体で服用するよりも他の栄養素と同時に摂取した方が相乗効果でより健康的なメリットを得ることができます。

アミノ酸サプリを服用している人は、葉酸というビタミンを同時に摂取するのがオススメです。葉酸とは水溶性ビタミンの一種であるビタミンB群で、植物によく含まれています。葉酸はアミノ酸や核酸の合成に必要となる栄養素であるため、同時に摂取すれば、より健康パワーを期待することができるでしょう。

ビタミンB群が含まれる食物と摂取できるレシピを紹介します。詳細は『ペペロンチーノ|ビタミンB6が摂取できる食べ物のレシピ』をご覧ください。

葉酸を摂取するためには市販されているサプリメントを利用する方法もありますが、普段の食事に気をつけることで食材からも効率的に摂取することが可能です。特に葉酸が豊富に含まれている牛レバーなどを食べると豊富な栄養素を摂取できます。

牛レバーのパテ|葉酸が摂取できる食べ物のレシピ

葉酸が豊富に含まれている牛レバーを積極的に食べるには、手軽に作れる牛レバーのパテがオススメです。離乳食期の赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い年代の人が食べることのできる万能レシピとも言えます。

まず牛レバーには独特の臭みがあるため、水に10分程度さらしておきましょう。その後、キッチンペーパーなどで水気をよく拭き取り、圧力鍋に入れます。セロリとトマトも一緒に入れて、トロトロになるまで充分煮込みます。荒熱を取ったらフードプロセッサーやミキサーなどを使って、滑らかなペースト状になるまですり潰したら完成です。

パンやクラッカーに塗って食べたりパイに包んでみたり、野菜スティックのディップなどとして食べたりと幅広い食べ方を楽しむことができるので、自分の好きな食べ方を見つける楽しみもあるでしょう。

このように葉酸とアミノ酸サプリを上手に生活の中に取り入れることで、健康的な毎日を送ることができるでしょう。

アミノ酸サプリに含まれているグルコサミンについて

グルコサミンの効果とは!? |アミノ酸サプリ

近年において腰痛やひざ痛などの関節痛に悩まされている人が若い世代でも広がっていますが、これは関節部分のクッションとなっている軟骨がすり減り神経が圧迫されることが原因となっています。

関節痛に悩まされている場合において対処法として挙げられるのが、その関節部分の軟骨を元に戻す力を持つ栄養を摂ることとされています。その栄養素において代表なのがグルコサミンであり、このグルコサミンとは人間の身体に元からある酵素で、全身の骨格に等しく存在するものです。
このグルコサミンは主に軟骨のクッションとなるヒアルロン酸の生成に使われているのですが、これは年齢を重ねると徐々に失われていく成分でもあります。そのため30代を越えた辺りから、そのグルコサミンを補給する方法としてアミノ酸サプリを摂ることが大事と言えます。

アミノ酸サプリはその成分に特化したサプリであり、このアミノ酸サプリを寝る前に摂ることで生成を手助けすることができます。

お勧めするサプリメントはこちら『どのアミノ酸サプリメントが効果的?』を、効果的な摂取方法やタイミングなどはこちら『正しいアミノ酸サプリメントの摂取方法とは?』をご覧ください。

鶏軟骨の唐揚げ|グルコサミンが摂取できる食べ物のレシピ

この方法は効果的と言えますが、毎日摂取しても時間が掛かるため労力と資金が必要で、より手軽にグルコサミンを補給する方法としては食事で摂ることが良いのです。

その食事療法において身体に異常のある部分と同じ部分を摂ると効果があるとされ、特にこの関節痛に効果があるとされているのが鶏軟骨です。この部分は鶏の脚の関節部分であることから、その中には豊富にグルコサミンが含まれているため補給に役に立ちます。

しかし、鶏軟骨は歯ごたえがありますが味が無味であるため、調理法としては下味を付けるもしくは食べる時に濃い味付けが合うためおつまみの定番である鶏軟骨の唐揚げが適していると言えます。

その作り方は軟骨に生姜とにんにくをベースの醤油タレに一晩漬けて染み込ませ、その後に水気を切って低い温度から油に入れて揚げていき、温度を上げて色が付くまで揚げます。この方法とることで軟骨が柔らかくなり食べやすくなる他にも、このグルコサミンは油に溶けやすいことから手軽に摂取することが可能になります。

健康にもいいアミノ酸サプリでのイノシン酸の摂取

イノシン酸の効果とは!?|アミノ酸サプリ

和食が美味しくて健康に良いのは、出汁に秘密があります。出汁の旨みを上手にいかすことで、料理の幅が広がります。特に毎日の味噌汁や煮物に鰹節や煮干しでとった出汁を使うと、美味しいと感じるでしょう。何故美味しいのか、それは鰹節や煮干しにはイノシン酸という旨み物質がたくさん含まれているのです。

イノシン酸は核酸の一種で細胞内でDNAを繋ぐ役目をし、心臓や肝臓の機能低下を回復させる効果があります。つまり、イノシン酸が足りないと老化が進んでいってしまいます。

それと同様に身体に欠かせないのがアミノ酸です。最近は、アミノ酸サプリなども多く販売されています。ただイノシン酸が身体に良いと言っても、それだけを摂っていては身体に良くありません。単独で使うよりも、昆布などに含まれるアミノ酸を摂取すると旨みの相乗効果もありますのでオススメです。
出汁をとるのが面倒という方は、手軽に摂取できるアミノ酸サプリをお試し下さい。毎日の食事にアミノ酸サプリを加えて、イキイキと暮らしましょう。

フィットネスや格闘技のトレーナーがお勧めするサプリメントはこちら『どのアミノ酸サプリメントが効果的?』を、アミノ酸の知識についてはこちら『アミノ酸は生命の源』をご覧ください。

煮干しと小松菜のオイスターソース炒め|イノシン酸が摂取できるレシピ

鰹節や煮干しを調味料として利用される方は多いと思います。特に味噌汁との相性が良く、毎日の食事には欠かせません。鰹節や煮干しには、旨み成分であるイノシン酸が多く含まれています。最近では洋食の分野でも使われ、新しい使い方として人気があります。

美味しくて身体に良い、煮干しと小松菜のオイスターソース炒めというのはいかがでしょう。オイスターソースは、牡蠣の風味とアミノ酸を含んでいます。小松菜は野菜の中でもカルシウムを多く含み、ビタミンCや鉄分も含んでいて栄養満点です。

【材料:2人分】
煮干し10g、小松菜1袋(300g位)、にんにくスライス(1かけ)、酒(大1)、オイスターソース(小1)、しょうゆ(小1)、サラダ油(小2)を用意する。

【作り方】小松菜はさっと洗って3~4cm幅にカットし、油を引いたフライパンにんにくを炒め強火で小松菜を炒めます。後から葉を加えたらしんなりするまで炒め、オイスターソースと醤油を少々を入れて、ひと混ぜしたら完成です。すりごまをかけても美味しいですよ。