健康にもいいアミノ酸サプリに含まれる亜鉛の効果とは

アミノ酸サプリに含まれる亜鉛に期待される効果

アミノ酸サプリの亜鉛の働きは身体酵素の活性化、それから精子の生成促進、免疫力増進、身体組織や傷の修復、新陳代謝の促進、活性酵素の除去、タンパク質合成、細胞分裂の促進、そしてホルモンの分泌促進などの役割を果たすことが多い特徴があります。

アミノ酸サプリとしてもかなり人気のある亜鉛なのですが、ワタリガニや牡蠣などの魚介類に沢山含まれているのがこの亜鉛になります。ファーストフードなどの偏った食生活を続けていると不足しやすい栄養素となるので、アミノ酸サプリなどで補う必要があります。

ここで、おすすめしたいアミノ酸サプリがあります。ご自身に合うサプリ、種類や効能などの詳細を知りたい方は『おすすめアミノ酸サプリメント比較ランキング』をご覧ください。

こういった食生活の偏りから生理不順やEDなどにも陥りやすくなってしまうので、栄養素のバランスとしてミネラル分にも気を配る必要があります。立ちくらみなども起きやすくなってしまうので、きちんと摂取をするようにしましょう。

アミノ酸サプリが苦手な方に亜鉛が摂取できる食べ物のレシピをご紹介

亜鉛が摂取できる食べ物のレシピとして、牛肩ロースの白ワイン煮込みをご紹介します。このレシピは圧力鍋を使います。

まず、牛肩ロース600gを食べやすい大きさに切ります。それから圧力鍋に水を入れて、お肉を40分ほど煮込みます。

そして大根1/2本とニンジン1本を乱切りにしたら、お肉を取り出し再び5カップの水を入れて大根、ニンジン、塩、コショウ、白ワイン200mlを入れて圧力鍋の蓋をします。

圧力鍋のコマが回ったら、5分ほど中火で煮込んで完成になります。お好みでコンソメスープの素やハーブなどを入れても美味しいです。

牛肩ロースは堅いお肉になるので、柔らかく煮るには圧力鍋が不可欠になります。それからリンや亜鉛、鉄が多く含まれている肩ロースに野菜を一緒に煮込むことで、相乗効果が期待できます。緑黄色野菜のニンジンなどはオススメです。

効率よくアミノ酸サプリでビタミンB6を摂取する

ビタミンB6で疲労回復の効果!?サプリとの併用もおすすめ

毎日を健康に過ごす上で重要なことは、身体のバランスを整えることであると言えます。身体のバランスを整えるとは、身体が活動をすると細胞に疲労物質が溜まりそれを除去するために乳酸が溜まることです。

本来であればこの乳酸は時間が経つことで消失していくのですが、この疲労物質の量が多いと乳酸が溜まり続け疲労が抜けない状態になるのです。この疲労が溜まると朝起きられない他にも、その疲労物質によって身体の免疫機能が衰えてしまい病気にもかかりやすくなります。

この疲労物質を除去するには、毎日の食事においてビタミンB6を摂ることが良いとされています。このビタミンB6の効果は身体の中に入るとリボフラビンと呼ばれる成分となり、身体の隅々にある疲労物質を吸着して免疫機能の向上に役に立つのです。

そのためビタミンB6を摂ることで疲労回復に繋がるのですが、それを円滑にするためにアミノ酸サプリとして摂取することが良いと言えます。アミノ酸サプリを夜寝る前と朝起きた時に摂れば、そのアミノ酸サプリの効果をより発揮できると言えます。

アミノ酸サプリの正しい摂取方法やタイミングなどを知りたい方は『アミノ酸サプリの効果的な摂り方』をご覧ください。

ビタミンB6とビタミンB2を効果的に摂取できるペペロンチーノ

ビタミンB6単体よりアミノ酸サプリと一緒に摂取すると効率よく吸収できる。

しかし、ビタミンB6に限らず全てのビタミンの必須項目として、このビタミン自体を単体で摂ると上手く摂取できない他にも強い副作用を出す可能性があります。そのためビタミンB6を含むビタミンを摂る際にはサプリ単体で摂る方法を減らし、その代わりに食事として摂ることが良いのです。

ビタミンB6を多く含むのはにんにくであり、効率的に摂るには同じビタミンB群であるビタミンB2を摂取する必要があります。そのビタミンB2を含む食材は主に乳製品と大豆、そして肉類に含まれています。

まず、にんにくの調理法として良いのがペペロンチーノです。その作り方は、にんにくをスライスにしお好みの油に冷たい状態から入れて弱火と中火の中間で熱して、揚げた状態になったらにんにくを取り出しパスタに絡めます。
その際、にんにくと相性の良い肉や野菜そしてビタミンB2を含む豆類の代表の納豆を加えることで、このビタミンB6とビタミンB2を効果的に摂取することができます。

アミノ酸サプリでしっかりと鉄分を摂取するには

鉄分は食事とサプリから効率良く摂取しよう

アミノ酸サプリのなかで、鉄分を含んでいることは重要です。特に女性は不足しがちなので、アミノ酸サプリでも注目したい成分です。鉄分の働きは男女問わず重要です。血液でヘモグロビンとして存在し、身体の隅々まで酸素や栄養を届けています。

つまり鉄分が不足すると酸素不足でフラフラしたりボーっとしたり、栄養不足になってしまいます。さらに細胞の働きにも寄与しています。細胞にも鉄分は存在しており、細胞の活発化、働きのスムーズさをバックアップしています。

細胞の元気さ、若さは鉄分の支えがあってこそです。そんな鉄分を豊富に含んでいる食材は鶏・豚のレバー、パセリ、あさりやほっけ貝、みる貝、しじみなどの貝類、納豆などが挙げられます。

どれも手に入りやすい食材ですので、コンスタントに摂取していくことが健康な食生活と言えます。アミノ酸サプリを選ぶ時もチェックしておきたいものです。

おすすめのアミノ酸サプリメントについて知りたい方は、『おすすめアミノ酸サプリメント比較ランキング/BEST5』をご覧ください。

食べ物で鉄分を摂取するなら『パセリ』の天ぷらがおすすめ

鉄分を上手く普段の食生活に取り込むには『パセリ』がオススメです。『パセリ』に鉄分が多いとは意外かもしれません。しかし100g中の鉄分は7g以上で、成人男性の1日分に匹敵します。

他の食材はクセが強いなか『パセリ』はクセも少なく色々な料理の風味付けや色合いとしてもプラスできるので、使える場面が幅広いのも利点です。特に『パセリ』の天ぷらは食べやすいです。ニオイや苦味も天ぷらにすることで薄くなります。

作り方もシンプルです。生の『パセリ』に天ぷら粉、もしくは薄力粉でも揚がります。『パセリ』を食べやすい大きさにして水気を拭きます。天ぷら粉、薄力粉に氷水を入れます。油と衣の温度差がある方がパリッと揚がります。あとは衣を薄くつけて、揚げるだけです。

揚げ時間も短いのであっという間に完成します。用意するものも少なく、時間も手間もかかりません。おかずはもちろん、おつまみにも合うので食べる機会も選ばないのも嬉しい一品です。

アミノ酸サプリで効率よくカルシウムを摂取

カルシウムとアミノ酸サプリの効率が良い摂り方や選び方

誰もが知っている栄養素カルシウムとは、牛乳やチーズなどの乳製品に豊富に含まれています。

カルシウム単体で摂取しても骨を強くする作用に優れた栄養素ですが、実はカルシウムとアミノ酸サプリを同時に摂取するとアミノ酸サプリに含まれるリジンがカルシウムの吸収を助ける作用をもたらしてくれるため、より体内への吸収率が高くなります。

リジンやアミノ酸の効果・効能などについて知りたい方は、『リジンの効果 免疫力アップが期待できるアミノ酸サプリメント』をご覧ください。

そのためダイエットや体質改善などで日頃アミノ酸サプリを定期的に飲用しているような人は、普段の食生活でカルシウムを積極的に摂取することで、より豊富な栄養素を体内に取り込むことに成功し、今よりも健康的な生活を送ることが可能になります。

アミノ酸サプリを摂取しながら、普段の食生活に用いる食材や調理方法などを1度見直してみることがオススメです。

より効果・効能を高めるためにもアミノ酸サプリの摂り方やタイミングはとても重要ですね。食事でカルシウムがなかなか摂取できない方にアミノ酸サプリのおすすめランキングをご紹介します。詳細は『おすすめアミノ酸サプリメント比較ランキング/BEST5』をご覧ください。とくに女性は加齢と共に骨粗しょう症のリスクが高まるため、積極的に摂取すると良いでしょう。

1日に必要なカルシウムを効果的に補える桜えびのクリームソーススパゲティ

カルシウムを豊富に含む食材の代表と言えば、牛乳を思い浮かべる人がほとんどでしょう。

確かに牛乳には豊富なカルシウムが含まれており、1日にコップ1杯の牛乳を飲めば、1日に必要なカルシウムのおよそ1/4を摂取することが可能です。

しかし乳製品以外の食材にも豊富に含まれているため、色々な食材を利用して栄養素を摂取した方がより健康バランスを保つことができるでしょう。オススメは桜えびです。桜えび大さじ1杯には、およそ60mgのカルシウムが含まれており料理に利用すれば1日に必要な栄養素を補えます。なので簡単に摂取できるレシピとして桜えびのクリームソーススパゲティをご紹介します。

フライパンでバターを炒め、牛乳と小麦粉を使ったベシャメルソールを作ります。
お好みで玉ねぎやほうれん草などの野菜を加え、桜えびと一緒に炒めておきます。
鍋で茹でておいたスパゲティを絡めたら桜えびのクリームスパゲティの完成です。

美味しくてカルシウムを豊富に摂取することが可能です。

健康維持にアミノ酸サプリでナイアシンを摂取

ナイアシンの効果に期待できるアミノ酸サプリメント

ナイアシンというのは身体の中にある酵素の補助を行う栄養素であり、体内でエネルギーを生み出すためには欠かすことのできない存在です。身体のエネルギー代謝を高めるのと同時に脂質や糖質を分解してくれるため、特にダイエット中の人は意識して摂取したい栄養素の1つです。

ナイアシンとはビタミンB群の仲間で魚介類やレバーなどの食物から摂取することができますが、アミノ酸サプリにも含まれている必須アミノ酸・トリプトファンからも作ることができるため、アミノ酸サプリを摂取したり、体内で生産したりと様々な方法で摂取することが可能な栄養素です。

効率よくナイアシンを摂取するためにサプリメントの選び方は重要です。そこで、初めての方や女性の方にもおすすめしたいアミノ酸サプリメントをご紹介します。詳細は『おすすめアミノ酸サプリメント比較ランキング/BEST5』をご覧ください。

アミノ酸サプリを使わずにナイアシンを効率良く摂取したいなら、魚介類から摂取するのがオススメです。ナイアシンは熱に強いので調理の過程で栄養素が失われにくいのがメリットで、家庭料理で摂取が見込めます。

食品からも摂れるナイアシン!まかじきのホイル焼きのレシピ

家庭で作る料理で手軽にナイアシンを摂取したいと思った時にオススメの食材は、まかじきです。まかじきを1片食べれば、1日に必要なナイアシンのおよそ半分を摂取することが可能です。

ナイアシンは水に溶ける水溶性ビタミンの一種で、熱に強いという特徴を生かして作るまかじきのホイル焼きというレシピがオススメです。

材料はまかじきとレモン、バター、お好みの野菜やきのことアルミホイルだけのいたってシンプルなレシピです。

ホイルの上にまかじき、お好みの野菜やきのこ、バターといった順番で置き、きっちりとアルミホイルで包みます。その後、オーブントースターで12分程度蒸し焼きにしたら完成です。お皿に盛り付けた後に、飾りのレモンを置きましょう。玉ねぎを使用する場合は、オーブントースターで加熱するだけでは生っぽくて辛い時があるので、お好みで最初にフライパンで炒めておくと良いでしょう。